活動報告

10/06/2013

ドールワールドフェスティバル2013

前から行ってみたかった
ドール関係のイベントへ
ついに初見参しました。

Invitation

ドールイベントと言っても
ドールショウやアイドールといった
「メジャーどころ」とはちょっと違い、
ビスクドールや市松人形の完成品(作家さん作品)や
ボディから手作りしたい人向けの材料(粘土とか)、
ヴィンテージ物のレースやボタン、
ドールサイズの服や靴や家具などの小物を
展示即売する、という内容のものでしたが
会場はかなりの盛況ぶり。

服およびその製作用資材については、全体的に
世間でいう「フランス人形」が身につけているような
シルクやベルベット地にレースをたっぷりあしらった
お姫様風ゴージャス系がほとんどでした。


そんな中、わたしがゲットしてきたものといえば

Photo

基本、靴ばっかり。


まあ「服は買わない、自分で作る!」という
ポリシーを貫いただけのことですが。
(さすがに靴は自分で作れないので・・・)


でも
「へえ、他の人ってこうやって作ってるんだな」が
よーく勉強できた、実に収穫の多い一日でした。
いつかは自分で作った服をイベントで売ってみたい、
そんな野望をひそかに抱いているわたしですが
よし、これからもまだまだ修行するぞ、と
思いを新たにした日でもありました。

04/06/2013

「親子」

Photo

前回の記事を書いてから考えたこと。



自分で言っちゃ良くないのかもしれないけれど
ちょっと頑張りすぎたというか、無理しすぎたんだと思う。
「パパのために」、そればっかりを意識しすぎて
結局それが自分を苦しめていた。


渡しそびれていた誕生日プレゼントを
何事もなかったように笑顔で受け取ってもらえたとき、
なぜかそれがよくわかった。

よし、これからは少し肩の力を抜いていこう。
今後もパパとの暮らしは続いていくのだから
自分自身が心から笑って毎日を過ごせるようにしよう。




だからってわけじゃないけれど
今日は家でお昼ごはんを一緒に食べてから
「出かけてきます」と一人で渋谷へ行ってきた。
思うぞんぶん街歩きとお買い物を楽しんで
すっかりリフレッシュして家に帰ってきた。


「ああ、おかえり」
いつものように迎えてくれたパパだったけど
なぜか居間の飾り棚に写真(↑)のような
謎のオブジェが・・・


ねえパパ、
この網走で彫られたみたいな熊、どうしたの??

30/05/2013

ごめんね、バースデイ

1

帰宅してからごはんを食べた。
わざわざ自室でひとりで食べた。
パパが買ってきてくれたお刺身を無視して
コンビニの「ざるそば」をひとりで食べた。


お蕎麦をずるずる啜りながら
ひとりでに涙がぽろぽろ流れた。


泣きながらお食事しても栄養にならないよ、と
おばあちゃんに言われた遠い昔を思い出す。
でも今は気持ちが抑えられない。


たぶん今晩わたしは
このまんまふてくされて寝てしまう。
金のシールと赤いリボンで飾った
パパへのお誕生日プレゼントを
ほったらかしにして布団にもぐる。



いつか「おめでとう」と渡すつもりではいるけれど
それが何日後になるかはまだわからない。

19/05/2013

祝賀ムード一色??

先週は誕生日でしたheart

パパからは手紙をもらい、姉からは
アロマ系癒しグッズのプレゼントshinepresentshine

Cadaux

他にもお友達からお祝いメールをたくさんいただき、
いつまでたっても、こんないいトシこいても、
誕生日ってうれしいなあ、と思う一日でしたhappy01

11/05/2013

ふたりでフィギュアワールド

連休の少し前から早くも五月病みたいになってしまって
しばらく調子を崩していましたが、ようやく復活scissors

最近、仕事以外で唯一おでかけしたのが
甥っ子(姉の二男)と渋谷に行き
「海洋堂フィギュアワールド」に行ったこと。

大きいのから小さいのまで、恐竜から美少女まで
いろいろなフィギュアが勢ぞろいしていましたが
ケンシロウの等身大フィギュアというのがあって
「これは撮るしかないだろう(会場内撮影OK)」と確信し
記念撮影cameranotes


1
もっとデカい人だと想像していたので
「意外と小せえな」と思ってしまった。
あと、横とかに
「型にトゲトゲの生えた革ジャンを着てるモヒカン男」
も添えてくれると、より雰囲気出ると思った。


さんざんフィギュアを鑑賞した後には
広い「物販コーナー」があり、
もちろんそこで甥っ子が欲しがっていた
「アイアンマン」を買ってあげたことは
言うまでもありません・・・。

11/11/2012

ふたりでフルーツパーラー

日本橋の千疋屋総本店へ甥っ子を連れていき
2人そろってマロンパフェを食べましたheart02


2

大きな栗がごろんごろんと5粒もトッピングされていて
下のアイスクリーム3種もそれぞれの持ち味がよく出ており
最後には「ちょっとしたサプライズ」note




これは絶対に食べておいたほうがいい(断言)。



甥っ子も大満足で、ぺろりと平らげました。
おいしそうに食べる姿に、ものすごく癒されましたhappy01

20/08/2012

DOLL EXPO

ついに行ってまいりました。 『大人形博』heart

Photo

大、というだけあって
広ーい会場にたくさんのお人形たちがいました。

有名作家の先生方の作品と生で出会えて感激し
一般公募の優秀作品の数々に刺激を受け
ついでに、イベント(営業)に来ていた
パペットマペットにも遭遇する、という
きわめて収穫の多い一日でした。
撮影禁止エリアだったのでお見せできないのが残念ですが・・・。



そのかわり、
撮影OKゾーンでは撮りまくってきましたよshine

あんまり公開すると「ネタばれ」になっちゃうから

ごく一部に限定しておきますが、
これは大昔わたしが持っていたのと同じ、二代目リカちゃんheart04

Photo_2                       現在の4代目リカちゃんと比べると
                       髪型も顔のパーツも全然違うなあ。

写真下(↓)は、ジェニー人形に付属していた小物の数々だけど
失礼ながら、こういう展示のしかただと
TVのニュースでよく見かける
「押収した偽ブランド品」に見えないこともない・・・。

Photo_3

人形、といっても
ぬいぐるみ、ブリキのロボット、果ては土偶まで
展示されており、かなり幅の広い展示でした。

その中でちょっと気になったのが
この(↓)フィギュアというかソフビ人形というか。

Photo_4
               もしかしてこれって、あの頃の藤岡弘sign02

18/08/2012

ふたりでミュージアム

1

上野の国立科学博物館で開催中の
「元素のふしぎ」展 にいってきました。
元素、なんていうと難しくて近寄りがたいイメージですが
わかりやすく工夫された展示構成になっているので

理科大好き少年の甥っ子は大はしゃぎ。
フラッシュをたかなければ会場内の写真撮影もOKなので
バシバシ撮りまくっていました。


わたしも順路に従って見学しながら
ああこんな身近なところにも「元素」のはたらきを
感じることができるんだなあ、と実感(↓写真下)。

3
これは“フッ素”のコーナーに展示されていたものですが
そういえばフッ素入り歯磨きとか
フッ素加工フライパンって、使ってる家庭は多いよね・・・。



金曜日は20時まで開いているので
夕方、涼しくなったころに入場→見学したせいか
そんなに混雑もなく、余裕で全展示物を見ることができましたnote
ただ惜しむらくは、毎日行われているらしい
「先着200名様にヘリウム風船をプレゼント」企画には間に合わず
会場内にはこのような断り書きが・・・

120817_1712010001

風船がゲットできなくて
甥っ子にはちょっとカワイソウだったかな?

07/08/2012

お買い物の帰りに、

以前、別のところでブログを書いていたときに
今日こういうスイーツ食べましたnote」的なことを
結構な頻度で綴っていたら

「おまえデブだろ」

と、一面識もない人物にコメントされたので
以来「食べました」ネタは控えていたのですが・・・

1

今日はあまりにも暑かったので、
かき氷(いちご)食べちゃいました。


8月から家計簿をつけ始め、
節約生活を誓っていたのに
早くも頓挫・・・?


31/07/2012

若気のいたり?

ママが昔、趣味の刺繍の図案を描く参考資料にしていた
花や動物、季節の風物などのイラスト集を実家で見つけた。

そしてそこに、たぶん当時3歳~5歳くらいだったわたしが
思う存分イタズラ描きをしまくっていたことが判明。


☆作品1

Photo_5

↑マユゲとマツゲ。
まあ落書きとして基本といえば基本か。
腹部の巨大なバッテン(×印)はヘソと思われるが
「切腹に失敗したお侍さん」に見えないこともない。



☆作品2

Photo_2
↑同じくウサギだが
鍛え上げられた逆三角形の上半身と
発達した上腕二頭筋が気になる。
顔と体が全然合ってないのも気になる。



☆作品3
Photo_3 
↑ひな人形に手足生やしちゃった。
とはいえこの草履風の履きものから察して
明らかにお内裏様を「行司」と勘違いしている様子がアリアリ。
ところでどうして右のお雛様は怒ってるんだろう。



他にも珍作品が各種揃っており、
ああ自分ってやっぱり昔からアホだったんだ、と
ひとりで笑い転げた夜でした。